MICHAEL【ミカエル】とは?

ミカエルはキリスト教徒、ユダヤ教徒の双方から信仰されている有力な天使。あらゆる天使の中でも
最高の位置を占め、神の右側に座ることの許されるただひとりの存在です。「天の副王」「御前の君主」
と呼ばれることもあるようです。天使軍の総司令であると同時に、熾天使(セラフィム、上級第一位の天
使)の一角を占め、そのリーダーを務めます。同じ熾天使のガブリエル、ラファエル、ウリエルらとともに
「四大天使」の名で呼ばれることもあります。あらゆる天使を統轄する大天使長の位にあり、力天使(ヴ
ァーチュズ、中級第二位の天使)の支配者を務め、懺悔・正義・慈悲・清め・性別・炎・東方・慎重さなど、
様々な属性をつかさどります。ヨーロッパ全域の守護天使としても活躍し、かつてヨーロッパがイスラム
教徒の攻撃に晒された時は、聖ミカエルの姿を染め抜いた旗が汎ヨーロッパ軍のシンボルとして、各地
で翻っている。

天使は今もヨーロッパ人にとってかけがえのない存在です。日本人の多くが神社やお寺で祈りを捧げる
ことがあるように、ヨーロッパ人は天使に祈りを捧げます。中でもとりわけ、ミカエルは多くの人々の尊敬
を集めています。毎年9月29日ごろの「聖ミカエルの日」には、各地でミカエルにちなんだ大祭が行われ
ます。彼の威光にあやかってその名前をつける人も多く、英語のマイケルMichael、フランス語のミシェル
Michelle、ドイツ語のミヒャエル(ミハエル)Michael、ロシア語のミハイルMikhailなどは、すべてこの天使
の名前にちなみます。彫刻で有名なミケランジェロMichelangeloの名前も、「天使ミカエル」を意味する言
葉から来ています。ミカエルは戦争と正義をつかさどるところから、外敵や危難、飢饉、疫病、災害などに
襲われた時には、彼の名を呼ぶのが効果的です。1950年には当時の法王ピウス12世によって「警察官
の守護者」に認定されました。彼に捧げられた寺院も厖大な数にのぼり、例えばイタリア南東部、アドリア
海に面したモンテサンタンジェロ(聖天使の山)修道院は、5世紀ごろにミカエルが降臨したということで、
中世には南イタリアにおける一大巡礼地となりました。同じくミカエルに捧げられたものとしては、フランス
のノルマンディー地方にあるモンサンミシェルMont-Saint-Michel(聖ミシェルの山)やイギリスのコーン
ウォール地方にあるセントマイケルズマウントなどが有名です。これらの修道院は寺院としての役割の他
に、外敵が攻め入った時の戦略拠点としても使われました。



GABRIEL【ガブリエル】とは?

ガブリエルの名前は「神は我が力」を意味するヘブライ語から来ると言われ、神の左側に座することを許
された唯一の存在です。天使の最高位である「熾天使(セラフィム)」のひとりであり、ミカエル、ラファエル、
ウリエルらと併せて「四大天使」。「エデンの園」を統括し、上級第二位の「智天使(ケルビム)」をその支配
下に置いています。水、北方、復活、慈悲、死、復讐、黙示、真理などの属性をつかさどり、「神の子」イエ
ス・キリストが生誕する際には、聖母マリアにその妊娠を告げるという「受胎告知」を行う栄誉を担いました。
ちなみにガブリエルはその半年前にも、イエスの最も良き協力者となる使徒ヨハネの「受胎告知」も行って
います。このようなエピソードから、しばしばこの天使は「伝令」と「通信」の守護者と見なされています。
ガブリエルは「受胎告知」、復活、慈悲、そして神の真理または力と結びつけられています。予言者モハメ
ッドの守護天使でもあります。アクエリアス(水瓶座)の時代を先触れし、闇の時代に光をもたらします。ガ
ブリエルは神の福音を先触れであり変化の作り手です。彼女は通常、百合の花、オリーブの枝、あるいは
松明を掲げている姿で描かれます。ガブリエルは生殖の源であり、バイブルの多くの受胎で出現しました。
彼女は予言者ダニエルにイエスの誕生のニュースをもたらし、マリヤの前に出現して彼女の息子、つまり
キリストの誕生に備えるように告げました。



URIEL【ウリエル】とは?

ミカエル、ガブリエルほどではありませんが、ウリエルも結構知名度の高い存在です。熾天使(セラフィム、
上級第一位の天使)と智天使(ケルビム、上級第二位の天使)を兼任する希有な存在で、太陽の統治者、
神の炎、エデンの園の門番、そしてタルタロス(冥府)の統括者など、さまざまな美名で呼ばれ、その実力
は天界の中でも群を抜いています。ミカエルやガブリエル、ラファエルらとともに四大天使のひとりとして数
えられることもあるようです。

RAPHAELラファエル】とは?

ミカエル、ガブリエルの名前はつとに有名ですが、ラファエルも彼らに劣らぬ高い知名度を誇ります。もと
もとはカルデア(トルコ南部)の神もしくは天使であり、ラビエルLabbielと称しておりましたが、その後「神の
癒したもう者」を意味するラファエルに名前を変えています。天使の第一位「熾天使(セラフィム)」にある
数少ない存在で(他の位だという説もあり)、ミカエル、ガブリエル、ウリエルらとともに「天界の四大天使」
のひとりにも数えられます。彼は人間の守護者であり、あらゆる癒しを与えてくれます。旧約聖書で年老
いたアブラハムの割礼(性器の皮を切る儀礼)に際して、その痛みを和らげ、また神と戦って腿を負傷した
ヤコブ(アブラハムの孫)を治療しのも、このラファエルです。ゆえに、彼をして「医者」「外科医」「「人間の
霊魂を見守る者」「癒しを行う輝ける者」と呼びます。

Angel provide the service within japanese domestic only.
Copyright (C) 2007-2010 All rights reserved

TOP
運営組織

お客様の個人情報について

利用規約